ラメ模様の加飾方法

開放特許情報番号
L2021001443
開放特許情報登録日
2021/10/26
最新更新日
2021/10/26

基本情報

出願番号 特願2012-147738
出願日 2012/6/29
出願人 富士通株式会社
公開番号 特開2014-008470
公開日 2014/1/20
登録番号 特許第5939058号
特許権者 富士通株式会社
発明の名称 ラメ模様の加飾方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 ラメ模様の加飾方法
目的 基材表面を大きなラメ模様で加飾できる、ラメ模様の加飾方法を提供する。
効果 塗装ガンの口径サイズなどに制限されずに、基材表面を大きなラメ模様で加飾することができる。
技術概要
基材表面に、
光沢面を有するメタリック層を形成する工程と、
凹凸のある皺模様を有するクラック層を形成する工程と、
を順不同で施すラメ模様の加飾方法であって、
前記クラック層を形成する工程は、光硬化性樹脂、光重合開始剤及び溶剤を含む塗料を前記基材表面又は前記メタリック層の上に塗装し、50℃以下で0分超20分以下放置して溶剤の一部を揮発させて表層に薄い被膜を形成し、紫外線を照射して被膜を強制的に収縮させた後、塗料を加熱乾燥させることで、前記クラック層を形成することを特徴とするラメ模様の加飾方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 富士通株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT