防護工

開放特許情報番号
L2021001433
開放特許情報登録日
2021/10/4
最新更新日
2021/10/4

基本情報

出願番号 特願2019-045509
出願日 2019/3/13
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-147971
公開日 2020/9/17
発明の名称 防護工
技術分野 土木・建築
機能 安全・福祉対策
適用製品 通行限界高さを超える車両の通行を防護する防護工
目的 従来よりも強化された防護工を簡単に実現するための技術を提供する。
効果 索状体を設けない場合と比較すると、防護工は強化されたことになる。また、索状体を追加するという簡単な構成で、既存の防護工よりも強化できる。
技術概要
通行限界高さを超える車両の通行を防護する防護工であって、
支柱間に架け渡された鋼梁と、
所定の衝突想定方向から車両が前記鋼梁に衝突することにより前記鋼梁が塑性変形して所定の変形状態に至った際に当該衝突の荷重を受け始める長さを有する、前記支柱間に架け渡された索状体と、
を備えた防護工。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT