道床状態評価方法

開放特許情報番号
L2021001429
開放特許情報登録日
2021/10/4
最新更新日
2021/10/4

基本情報

出願番号 特願2019-062275
出願日 2019/3/28
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-159150
公開日 2020/10/1
発明の名称 道床状態評価方法
技術分野 土木・建築、情報・通信
機能 検査・検出
適用製品 道床の状態を評価する道床状態評価方法
目的 道床が経年劣化して細粒分が増加した状態の評価を、粒度試験を実施しなくても現地で定量的に行うことができる道床状態評価方法を提供する。
効果 道床が経年劣化によって細粒分が増加した状態の評価を、粒度試験を実施することなく、現地で定量的に行うことができる。
技術概要
加速度計を備える試験用管体を道床内に打ち込む管体打込み工程と、
前記道床の表面に衝撃を加える衝撃付与工程と、
前記衝撃による荷重波形及び前記道床内の加速度波形を測定する測定工程と、
前記荷重波形及び前記加速度波形から弾性波速度を算出する弾性波速度算出工程と、
前記弾性波速度から前記道床の細粒分含有率を求める細粒分含有率算出工程と、
前記細粒分含有率と所定の閾値とを比較する道床健全度評価工程とを備えることを特徴とする道床状態評価方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT