廃水処理装置、微生物群集、微生物群集の培養方法、及び廃水処理方法

開放特許情報番号
L2021001420
開放特許情報登録日
2021/10/5
最新更新日
2021/10/5

基本情報

出願番号 特願2020-149534
出願日 2020/9/7
出願人 公立大学法人秋田県立大学
公開番号 特開2021-045121
公開日 2021/3/25
発明の名称 廃水処理装置、微生物群集、微生物群集の培養方法、及び廃水処理方法
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 廃水処理装置、微生物群集、微生物群集の培養方法、及び廃水処理方法
目的 外部から有機性基質、メタン、及びアンモニウムイオンを添加しなくても安定的かつ高効率で廃水を処理することが可能な廃水処理装置を提供する。
効果 廃水中の二価マンガンを酸化してマンガン酸化物を生成する微生物群集を好気条件で培養することで、外部から有機性基質を添加しなくても安定的かつ高効率でマンガンを酸化する廃水処理装置を提供することができる。
技術概要
金属イオンの含まれる廃水を処理する廃水処理装置であって、
二価マンガンを含有する廃水を保持する廃水処理槽と、
前記廃水処理槽中に保持され、好気条件で無機性炭素を供給して培養され、有機性基質、メタン、及びアンモニウムイオンを添加しなくても、前記廃水中の二価マンガンを酸化してマンガン酸化物を生成し、マンガン酸化細菌及びメチル栄養細菌(メチロトローフ)が生育して保持される微生物群集とを含む
ことを特徴とする廃水処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT