左右独立メカ

開放特許情報番号
L2021001405 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2021/10/6
最新更新日
2021/10/6

基本情報

出願番号 特願2006-323895
出願日 2006/11/30
出願人 ファミリーイナダ株式会社
公開番号 特開2008-136575
公開日 2008/6/19
登録番号 特許第4875969号
特許権者 ファミリーイナダ株式会社
発明の名称 マッサージ機
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 マッサージ機
目的 使用者の左半身と右半身とのそれぞれにおいて、身長方向についての各部位に応じて施療子の動作方向を変化させることができるマッサージ機を提供する。
効果 左半身と右半身とのそれぞれにおいて、身長方向の各部位に対して施療効果の高いマッサージが可能となる。
技術概要
左側の施療子と、
第一駆動手段と、
第一動作方向変更手段と、
第一施療機構と、
右側の施療子と、
第二駆動手段と、
第二動作方向変更手段と、
第二施療機構と、
第一施療機構を搭載した第一マッサージユニットと第二施療機構を搭載した第二マッサージユニットとを独立して昇降させる昇降手段と、
第一及び第二マッサージユニットを移動させて肩位置を検出する肩位置検出手段と、
昇降手段によって第一及び第二マッサージユニットをそれぞれ昇降させた位置に応じて、第一動作方向変更手段と第二動作方向変更手段とを利用して左側の施療子の動作方向と右側の施療子の動作方向とを変更させる制御手段を備えており、
第一及び第二施療機構のそれぞれは、第一アームと第二アームを有した施療本体部を備えており、
第一施療機構のアームは、左側の施療子を、
第二施療機構のアームは、右側の施療子を備えており、
第一駆動手段と第二駆動手段は、第一アームと第二アームに設けられた施療子を相互に近接離反させることができ、
第一及び第二動作方向変更手段のそれぞれは、施療本体部を回転させることで、施療子の近接離反方向を変更する旋回手段である
ことを特徴とするマッサージ機。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT