クロッキングレゾネータのアセンブリ中でのビッグデータ処理のための一般幾何学・音楽言語

開放特許情報番号
L2021001362
開放特許情報登録日
2021/9/27
最新更新日
2021/9/27

基本情報

出願番号 特願2020-500678
出願日 2018/8/2
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2019/026983
公開日 2019/2/7
発明の名称 クロッキングレゾネータのアセンブリ中でのビッグデータ処理のための一般幾何学・音楽言語
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 データオーバーフロー問題を解決する新規な言語の発明
目的 自然な振動によって幾何学言語を処理する、自己再設定可能な(self−reconfigurable)ハードウエアを構築する。
効果 大量の情報を縮小できるので、特定のルールに従って伸長すれば、元の情報構造が復元される。
技術概要
幾何的情報を処理するクロックを準備する方法であって、
時間サイクルまたはクロックがホスト時間サイクルの周辺中のピクセルであり、パラメータ上の書くピクセルは内部に時間サイクルを保持し、位相点を表すピクセルであり、短時間記憶中で位相サイクルがその2つの限度間で絶え間なく振動し、そのホストと同じ大きさにつり合い、また長時間記憶では時間サイクルの直径が減少してそのピクセルの一つとなり、
クロックは幾何形状を位相として記憶し、システム点が周辺に沿って走るときには静かなままとなり、その位相変化は回転を測定し、幾何形状の角部ではクロックが時間を刻むとき、発振の周期がサイクルとを完了し、その周辺の長さが時間であり、
円の弧の長さの比が幾何形状の距離パラメータを保持し、また角が周波数を生成する内部のクロックを保持する特異点であり;
1D、2D及び3Dの基本幾何形状の集合が、モーフィング構造が幾何形状アセンブリを構築するための文字として使用され、ここで2Dが1Dに変形しまた逆も成立する際に三角形、正方形、五角形、六角形が直線に変形し、これらの2D形状がモーフィングによって更に変形して3D構造となる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT