加熱装置

開放特許情報番号
L2021001351
開放特許情報登録日
2021/9/22
最新更新日
2021/9/22

基本情報

出願番号 特願2018-151709
出願日 2018/8/10
出願人 学校法人金沢工業大学
公開番号 特開2020-027736
公開日 2020/2/20
発明の名称 加熱装置
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 成形品を誘導加熱する加熱装置
目的 プレス装置の前段に誘導加熱装置を設けることにより、炭素繊維材料と熱可塑性樹脂との積層体を、均一で効率的に予備加熱し、小型のプレス装置で迅速にCFRTPの完成品を作製する。
効果 成形品の予備加熱が可能となり、プレス加工の迅速化、プレス装置の小型化が可能となる。特に、成形品中の導電性シートを直接誘導加熱できるため、均一で効率的な成形品の加熱が可能となる。
技術概要
導電性シートと熱可塑性樹脂シートが積層された成形品を平坦に保持しながら搬送する搬送機構と、
前記成形品の表面側に、表面と平行に配置された第1コイルと、
前記成形品の裏面側に、裏面と平行に配置された第2コイルと、
を含み、前記第1コイルおよび前記第2コイルにそれぞれ電流を供給し、前記成形品中の前記導電性シートを誘導加熱する加熱装置であって、
前記成形品の表面に対して鉛直方向から見た場合に、前記第1コイルと前記第2コイルとが重ならないことを特徴とする加熱装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT