着雪形状予測方法および被着雪体の着雪抑制形状

開放特許情報番号
L2021001350
開放特許情報登録日
2021/9/22
最新更新日
2021/9/22

基本情報

出願番号 特願2019-074584
出願日 2019/4/10
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-173147
公開日 2020/10/22
発明の名称 着雪形状予測方法および被着雪体の着雪抑制形状
技術分野 情報・通信、輸送
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 着雪形状予測方法および着雪を抑制するための被着雪体の形状
目的 被着雪体に対する着雪形状を適切に予測し、予測された着雪形状に基づいて、適切に着雪を抑制することができる被着雪体を提供する。
効果 被着雪体に対する着雪形状を適切に予測し、予測された着雪形状に基づいて、適切に着雪を抑制することができる被着雪体を提供することができる。
技術概要
被着雪体に対する着雪形状予測方法であって、
雪質に応じて予め定められた、前記被着雪体の被着雪面の端部における着雪接線方向の気流の基準速度に基づいて、前記気流の速度に応じた前記端部における基準角度を算出し、
前記基準角度を、前記端部における着雪の接線方向と前記気流の直交方向との角度と設定し、
前記着雪の断面形状を予測することを特徴とする、着雪形状予測方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT