大規模な斜面崩壊の危険度評価方法

開放特許情報番号
L2021001347
開放特許情報登録日
2021/9/22
最新更新日
2021/9/22

基本情報

出願番号 特願2019-078552
出願日 2019/4/17
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-176426
公開日 2020/10/29
発明の名称 大規模な斜面崩壊の危険度評価方法
技術分野 土木・建築
機能 検査・検出
適用製品 大規模な斜面崩壊が発生する危険度の評価方法
目的 対象となる斜面の地形について危険度を評価するにあたり、客観的な特徴を基にして容易に大規模深層崩壊の危険度を評価する。
効果 従来よりも容易にかつ客観的に大規模深層崩壊の危険度を評価することが可能である。
技術概要
地表面の標高を表す数値標高モデルに基づいて斜面に現われた下記a〜cの地形特徴に基づいて、前記斜面が大規模深層崩壊する危険性を評価することを特徴とする、大規模な斜面崩壊の危険度評価方法。
地形特徴a:前記斜面の不規則な凹凸またははらみ出しの少なくとも一方
地形特徴b:前記斜面下部〜末端部における崩壊または浸食の少なくとも一方
地形特徴c:前記斜面上部の亀裂
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT