伝送制御装置及び伝送制御方法

開放特許情報番号
L2021001342
開放特許情報登録日
2021/9/22
最新更新日
2021/9/22

基本情報

出願番号 特願2019-098419
出願日 2019/5/27
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-195023
公開日 2020/12/3
発明の名称 伝送制御装置及び伝送制御方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 伝送制御装置、伝送制御方法及び伝送制御プログラムの技術分野
目的 鉄道システム等における情報の伝送を最適化することが可能な伝送制御装置、伝送制御方法及び伝送制御プログラムを提供する。
効果 伝送に用いられる伝送路及び複数の情報についての伝送順序をそれぞれ最適に決定して情報の伝送を行うことができる。
伝送に用いられる伝送路を最適に決定して情報の伝送を行うことができる。
技術概要
複数の情報の伝送を制御する伝送制御装置において、
各前記情報ごとに予め設定された前記伝送における許容遅延時間を示す許容遅延時間情報をそれぞれ取得する許容遅延時間情報取得手段と、
前記伝送に用いられる伝送路についての前記情報ごとの伝送時間を示す伝送時間情報をそれぞれ取得する伝送時間情報取得手段と、
前記取得した許容遅延時間情報により示される前記許容遅延時間と、前記取得した伝送時間情報により示される前記伝送時間と、に基づいて、前記伝送の完了までの時間的余裕を示す余裕時間を前記情報ごと且つ前記伝送路ごとにそれぞれ算出する算出手段と、
前記算出された余裕時間が最も大きい前記伝送路を前記情報ごとに決定する伝送路決定手段と、
前記伝送路がそれぞれに決定された各前記情報について、前記算出された余裕時間が小さい当該情報ほど先となるように、当該各情報の伝送順序を決定する伝送順序決定手段と、
を備えることを特徴とする伝送制御装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT