袋体及びその使用方法

開放特許情報番号
L2021001303
開放特許情報登録日
2021/9/22
最新更新日
2021/9/22

基本情報

出願番号 特願2020-131804
出願日 2020/8/3
出願人 春田 杏果
登録番号 特許第6850389号
特許権者 春田 杏果
発明の名称 袋体及びその使用方法
技術分野 輸送
機能 材料・素材の製造
適用製品 ファスナ部を備えた袋体及びその使用方法
目的 ファスナ部への収容物の付着を可及的に防止することができる袋体及びその使用方法を提供する。
また、確実に密封することができる袋体及びその使用方法を提供する。
効果 外袋の内部に内筒を設けることとしたので、ファスナ部に収容物が付着することを可及的に防止することができる。
技術概要
閉じられた底部と、開口された先端部と、該先端部の閉鎖状態および開放状態を可能とするファスナ部と、を有する袋状の外袋と、
前記外袋の内部に設けられるとともに、基端側が前記外袋の内面に対して固定された内筒と、
を備え、
前記内筒は、前記ファスナ部による前記閉鎖状態が可能となるように、前記ファスナ部よりも前記底部側に位置するように折り畳まれる折り畳み状態と、該折り畳み状態から展開した場合に前記ファスナ部を超えて前記先端部側に伸張する展開状態と、を有し、
前記基端側とは反対側に位置する前記内筒の一端には、該内筒の他の部位よりも剛性がある高剛性部が設けられている袋体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 春田 杏果

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT