センシング方法およびセンシングシステム

開放特許情報番号
L2021001284
開放特許情報登録日
2021/9/15
最新更新日
2021/9/15

基本情報

出願番号 特願2009-244995
出願日 2009/10/24
出願人 国立大学法人東京農工大学
公開番号 特開2011-090591
公開日 2011/5/6
登録番号 特許第5632989号
特許権者 国立大学法人東京農工大学
発明の名称 センシング方法およびセンシングシステム
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 各センサノードからのデータ伝送が相互に衝突することなく、監視装置がデータを確実に受け取ることができるセンシング方法およびセンシングシステム
目的 光ファイバーを介して受信したレーザ光の一部を電力に変換して回路を駆動し、センシング情報(データ)により前記レーザ光を変調して監視装置に返送するセンシング技術に関し、特に各センサノードからのセンシング情報の送信の衝突を生じることなくセンシング情報(データ)を監視装置に確実に返送することができるセンシング方法およびセンシングシステムを提供する。
効果 センサノードからセンシング情報(データ)を監視装置に返送する場合に、データ送信の衝突を生じることがないので(すなわち、監視装置では受信エラーが発生しないので)、センシング効率が向上する。
技術概要
監視装置がレーザ光を光ファイバーを介して複数のセンサノードに送出し、各センサノードでは受け取ったレーザ光の一部を光電変換部により光電変換して電力を生成し、その電力を二次電池に充電し、電力または二次電池に充電した電力により自己回路を駆動して、センサから取得した所定のセンシング情報によりレーザ光を変調して光ファイバーを介して監視装置に返送するセンシングシステムであって、
各センサノードは、
制御部と、
レーザ光送出停止検知回路と、
レーザ光送出再開検知回路と、
スイッチ回路とを備え、
レーザ光送出停止検知回路がレーザ光の送出停止を検出したときは、制御部は光電変換部がレーザ光送出再開検知回路に接続されるようにスイッチ回路を制御し、
レーザ光送出再開検知回路がレーザ光の送出再開を検出したときは、制御部は光電変換部がレーザ光送出停止検知回路に接続されるようにスイッチ回路を制御するとともに、監視装置へのデータ伝送のタイミングを、他のセンサノードによる監視装置へのデータ伝送へのタイミングと衝突しないように設定する、
ことを特徴とするセンシングシステム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 国立大学法人東京農工大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT