着雪量推定方法

開放特許情報番号
L2021001262
開放特許情報登録日
2021/9/9
最新更新日
2021/9/9

基本情報

出願番号 特願2019-106107
出願日 2019/6/6
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2020-201052
公開日 2020/12/17
発明の名称 着雪量推定方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 車両に対する着雪量の推定方法
目的 所定の区間を走行する車両に対する着雪量を適切に推定する。
効果 所定の区間を走行する車両に対する着雪量を適切に推定することができる。
技術概要
所定区間を走行する車両に対する着雪量推定方法であって、
前記所定区間を複数の小区間に分割し、
前記小区間の気象データから軌道上の雪質を推定し、
前記車両の走行速度と前記雪質から雪の舞い上がり量を推定し、
予め定められた着雪量と前記車両の走行による雪の舞い上がり量との関係と、推定された前記雪の舞い上がり量から、前記小区間における着雪量を算出し、
算出された前記小区間における着雪量の積算値を、前記所定区間における前記着雪量と推定することを特徴とする、着雪量推定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT