構築方法および中継制御装置

開放特許情報番号
L2021001255
開放特許情報登録日
2021/9/9
最新更新日
2021/9/9

基本情報

出願番号 特願2019-116119
出願日 2019/6/24
出願人 公益財団法人鉄道総合技術研究所
公開番号 特開2021-002784
公開日 2021/1/7
発明の名称 構築方法および中継制御装置
技術分野 電気・電子、情報・通信、輸送
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 列車が編成された車両間の有線通信ネットワークの構築方法等
目的 車両間の有線通信ネットワークの構築を、速やか且つ確実に行えるようにする。
効果 車両間の有線通信ネットワークの構築を、速やか且つ確実に行うことができる。
また、有線通信ネットワークの構築に要する時間を短縮することができる。
技術概要
複数の車両が連結されて列車が編成された車両間の有線通信ネットワークの構築方法であって、
車両は、有線通信が可能となる伝送装置を車両連結先別に一方用と他方用との両方を備え、更に、隣接車両間での通信が可能な無線機と、伝送装置ならびに無線機を制御する制御装置とを備えており、
各車両の両方の伝送装置は、予め定められたモードに初期設定され、
編成された車両のうちの定められた車両の制御装置が、接続設定通知を、無線機を用いて隣接車両の制御装置に向けて無線送信することと、
編成された車両のうちのホスト車両以外の車両の制御装置が、車両の伝送装置それぞれの接続状況を判定することと、
中継装置が、無線機を介して隣接車両から接続設定通知を受信した場合に、1)接続設定通知に含まれる変更情報と車両の接続状況とに基づく所定のモード設定変更規定に従って、車両の伝送装置について親子のモードの設定変更を行うことと、2)モードの設定変更前後の変更内容に基づいて変更情報を更新することと、3)更新後の変更情報を含む接続設定通知を、無線機を介して受信した側とは反対側の隣接車両の制御装置に向けて無線送信することと、
を含む有線通信ネットワークの構築方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT