核酸抽出剤

開放特許情報番号
L2021001211
開放特許情報登録日
2021/9/6
最新更新日
2021/9/6

基本情報

出願番号 特願2020-098951
出願日 2020/6/5
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2021-069372
公開日 2021/5/6
発明の名称 核酸抽出剤
技術分野 食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 核酸抽出剤、核酸抽出方法、核酸増幅方法、微生物検出方法等
目的 核酸増幅反応に使用することができる核酸試料溶液を生体試料から簡便に得る技術を提供する。
効果 核酸増幅反応に使用することができる核酸試料溶液を生体試料から簡便に得る技術を提供することができる。これらの技術を適切に利用することにより、簡便に、例えばオンサイトで、生体試料から微生物を検出し得る。
技術概要
アルキルベンゼンスルホン酸塩を含有する、生体試料からの核酸抽出剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 京都大学「産学連携情報プラットフォーム(フィロ)」をご紹介します。
産学連携の新たな取り組みなど、有益な情報を発信しています。

https://philo.saci.kyoto-u.ac.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT