熱量効果材料及びそれを用いた冷却装置

開放特許情報番号
L2021001204
開放特許情報登録日
2021/9/6
最新更新日
2021/9/6

基本情報

出願番号 特願2019-153083
出願日 2019/8/23
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2021-031584
公開日 2021/3/1
発明の名称 熱量効果材料及びそれを用いた冷却装置
技術分野 化学・薬品、電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 熱量効果材料及びそれを用いた冷却装置
目的 高効率な熱量効果材料及びそれを用いた冷却装置を提供する。
効果 高効率な熱量効果材料及びそれを用いた冷却装置が提供される。
技術概要
下記式(1):
A’A↓3B↓4O↓12  (1)
(式中、
A’は、La、Bi、Y、Pr、Nd、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb、Lu、Ca、Sr、Ba、及びPbからなる群より選ばれる少なくとも一種の元素であり、
Aは、Cu、Mn、Fe、Bi、及びNiからなる群より選ばれる少なくとも一種の元素であり、
Bは、Fe、Ti、V、Cr、Cu、Mn、Re、Co、Ni、Ge、Sn、Zr、及びRuからなる群より選ばれる少なくとも一種の元素である。)
で表されるペロブスカイト型酸化物を含有する熱量効果材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 京都大学「産学連携情報プラットフォーム(フィロ)」をご紹介します。
産学連携の新たな取り組みなど、有益な情報を発信しています。

https://philo.saci.kyoto-u.ac.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT