スイッチトリラクタンスモータおよびその制御方法

開放特許情報番号
L2021001203
開放特許情報登録日
2021/9/6
最新更新日
2021/9/6

基本情報

出願番号 PCT/JP2020/038264
出願日 2020/10/9
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2021/070926
公開日 2021/4/15
発明の名称 スイッチトリラクタンスモータおよびその制御方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 スイッチトリラクタンスモータおよびその制御方法
目的 広い回転速度の範囲および広い負荷トルクの範囲に対して最適な力率および効率で運転可能なスイッチトリラクタンスモータを提供する。
効果 広い回転速度の範囲および広い負荷トルクの範囲に対して最適な力率および効率で運転可能なスイッチトリラクタンスモータを提供できる。
技術概要
複数のロータ突極を有するロータ、複数のステータ突極を有するステータ、各相の前記ステータ突極に巻回された各相の駆動巻線、およびステータヨークに配置された永久磁石を含むモータ本体と、
前記ロータを回転駆動させるために前記各相の駆動巻線に駆動電流を出力する駆動回路と、
前記各相の駆動巻線への前記駆動電流の印加時間よりも短時間のパルス電流を、前記駆動電流に重畳して出力するパルス電流出力回路とを備える、スイッチトリラクタンスモータ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 京都大学「産学連携情報プラットフォーム(フィロ)」をご紹介します。
産学連携の新たな取り組みなど、有益な情報を発信しています。

https://philo.saci.kyoto-u.ac.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2021 INPIT