加熱調理器

開放特許情報番号
L2021001196
開放特許情報登録日
2021/9/3
最新更新日
2021/9/3

基本情報

出願番号 特願2011-126346
出願日 2006/9/6
出願人 大阪瓦斯株式会社
公開番号 特開2011-169587
公開日 2011/9/1
登録番号 特許第5154673号
特許権者 大阪瓦斯株式会社
発明の名称 加熱調理器
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 加熱調理器
目的 加熱調理器から離間した場所から目視するような場合であっても、加熱手段が加熱作動中であるか否かを確認することを煩わしさの少ない状態で行うことが可能となる加熱調理器を提供する。
効果 加熱調理器から離間した場所から目視するような場合であっても、加熱手段が加熱作動中であるか否かを確認することを煩わしさの少ない状態で行うことが可能となる加熱調理器を提供できる。
技術概要
被加熱物を加熱する加熱手段と、
手動操作式の指令操作体と、
発光式表示部と、
表示制御手段とが備えられた加熱調理器であって、
発光式表示部が、発光面を発光させるように設けられ、
加熱手段が、被加熱物載置部に対応して複数備えられ、
発光式表示部が、機器横幅方向に位置を異ならせて複数備えられ、
複数の指令操作体に対して使用者の手が接触する又は近づく状態である予備操作状態であることを検出する複数の予備操作検出手段が備えられ、
複数の発光式表示部が、加熱作動表示状態、予備操作表示状態、及び、表示停止状態に切り換え可能に構成され、
表示制御手段が、
指令操作体の加熱開始指令及び加熱停止指令に基づいて、発光式表示部を加熱作動表示状態と表示停止状態とに切り換える形態で、且つ、
指令操作体についての予備操作状態が予備操作検出手段にて検出されると、指令操作体の加熱開始指令及び加熱停止指令に基づいて加熱作動表示状態と表示停止状態とに切り換えられる発光式表示部を、表示停止状態であれば予備操作表示状態に切り換える形態で、
複数の発光式表示部の作動を制御するように構成されている加熱調理器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 大阪ガス株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT