腫瘍の再発を抑制する医薬

開放特許情報番号
L2021001190
開放特許情報登録日
2021/9/13
最新更新日
2021/9/13

基本情報

出願番号 特願2015-175211
出願日 2015/9/4
出願人 学校法人 岩手医科大学
公開番号 特開2017-048164
公開日 2017/3/9
登録番号 特許第6632118号
特許権者 学校法人 岩手医科大学
発明の名称 腫瘍の再発を抑制する医薬
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 腫瘍を処置するための医薬
目的 化学療法後のがんの再発を抑制することができる薬物は、いくつかの根本的ながん細胞機能に影響し得る阻害的機構を有するべき課題を解決する。
効果 標準治療の確立していない再発腫瘍に対し、予防、再発の遅延、再発後の進行の遅延、再発後の治療において、優れた効果を奏しうる。
技術概要
シスプラチン、およびα−アマニチンを含み、腫瘍の化学療法後もしくは切除後の再発を処置するための、または抗腫瘍薬に対する耐性を示す細胞の出現を抑制するための、医薬。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT