木質系建物の高剛性耐力壁装置

開放特許情報番号
L2021001119
開放特許情報登録日
2021/8/23
最新更新日
2021/8/23

基本情報

出願番号 特願2008-294443
出願日 2008/11/18
出願人 国立大学法人信州大学、株式会社ヤマダホームズ
公開番号 特開2010-121315
公開日 2010/6/3
登録番号 特許第5535468号
特許権者 国立大学法人京都大学
発明の名称 木質系建物の高剛性耐力壁装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 木質系建物の高剛性耐力壁装置
目的 一方向の水平力に抵抗する際に耐力壁及びその脚部に生じる変形を小さくすることができ、特に地震等が起きても建物の変形を小さくすることができ、損傷を防ぐことができる木質系建物の高剛性耐力壁装置を提供する。
効果 一方向の水平力に対する抵抗が大きく顕著となり、該水平力に抵抗する際に耐力壁及びその脚部に生じる変形を小さくすることができる。特に地震等が起きても建物の変形及び損傷を小さくすることができるので、長期にわたり建物の維持が可能となる。
技術概要
下部が基礎上に固定され、上部が梁等の固定部材に固定され、地震等によって前記固定部材にかかる一方向の水平力に対して抵抗するものとして木質系建物に用いられる耐力壁装置であって、
剛性の高い木質パネル状の耐力壁と、この耐力壁の下端面に突き合わされる上端面を有し前記基礎上に固定される脚部とを具え、前記脚部の上端面には凸部又は凹部が形成され、前記耐力壁の下端面には前記凸部又は凹部に嵌合されたうえ接着固定される凹部又は凸部が形成されていることを特徴とする木質系建物の高剛性耐力壁装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 京都大学「産学連携情報プラットフォーム(フィロ)」をご紹介します。
産学連携の新たな取り組みなど、有益な情報を発信しています。

https://philo.saci.kyoto-u.ac.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT