衝撃軽減装置

開放特許情報番号
L2021001108
開放特許情報登録日
2021/8/24
最新更新日
2021/9/27

基本情報

出願番号 特願2011-059867
出願日 2011/2/28
出願人 独立行政法人国立高等専門学校機構
公開番号 特開2012-180926
公開日 2012/9/20
登録番号 特許第5757616号
特許権者 独立行政法人国立高等専門学校機構
発明の名称 衝撃軽減装置
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 衝撃軽減装置
目的 必要な剛性を保ったまま、確実に衝撃を軽減・吸収し、さらに軽量・コンパクト化に寄与し、状況に応じて瞬時に衝撃吸収・軽減特性を制御し、部材の飛散などを防止することが可能な衝撃軽減装置を提供する。
効果 少ない部材で剛性の高い構造を実現でき、全体として軽量、コンパクト化することができる。また、高い剛性が必要な重量車両、悪路走行車両、災害用車両、高速車両、宇宙船などにも利用できる。また、振動の印加によって物体を破断させずに曲げることができるため、次段への被害を低減し、破断に伴う部材の飛散などの二次被害を防ぐことができる。
技術概要
振動子と、この振動子に接触し、衝撃による力が加わる物体と、を有する衝撃軽減装置であって、前記振動子を励振し、前記物体の変形抵抗を低減させて衝撃を軽減させることを特徴とする衝撃軽減装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 物体が衝突する瞬間に金属を超音波で軟化させることなどによって衝撃を軽減する特許技術です。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT