画像処理装置及び方法、並びに画像処理プログラム

開放特許情報番号
L2021001061
開放特許情報登録日
2021/8/17
最新更新日
2021/8/17

基本情報

出願番号 特願2018-205490
出願日 2018/10/31
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2020-069110
公開日 2020/5/7
発明の名称 画像処理装置及び方法、並びに画像処理プログラム
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 画像処理装置及び方法、画像処理方法を用いた画像処理プログラム
目的 被験者の複数の可動部の形状が変化した場合に、従来例に比較して、動脈血管などの被験部位の特徴量を正確に検出することができる画像処理装置及び方法、並びに画像処理プログラムを提供する。
効果 被験者の複数の可動部の形状が変化した場合に、従来例に比較して、動脈血管などの被験部位の特徴量を正確に検出することができる。
技術概要
被験者の被験部位に光を照射することで、当該被験部位を三次元画像に画像化する画像化手段を備えた画像処理装置において、
前記画像化手段は複数の可動部を含む被験部位を三次元画像に画像化し、
前記画像処理装置は、
前記画像化された三次元画像に基づいて、前記複数の可動部が屈曲する前後の当該被験部位の特徴量を計算する処理手段を備えたことを特徴とする画像処理装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 京都大学「産学連携情報プラットフォーム(フィロ)」をご紹介します。
産学連携の新たな取り組みなど、有益な情報を発信しています。

https://philo.saci.kyoto-u.ac.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT