複合スタッド、床構造及び床構造の構築方法

開放特許情報番号
L2021001022
開放特許情報登録日
2021/8/4
最新更新日
2021/8/4

基本情報

出願番号 特願2018-184248
出願日 2018/9/28
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 特開2020-051206
公開日 2020/4/2
発明の名称 複合スタッド、床構造及び床構造の構築方法
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 複合スタッド、床構造及び床構造の構築方法
目的 地震による床スラブの損傷を、低価格・低労力で軽減することができる複合スタッド、床構造及び床構造の構築方法を提供する。
効果 地震による床スラブの損傷を、低価格・低労力で軽減することができる。
技術概要
軸部と、前記軸部の一方端に結合され前記軸部より外径が大きい頭部とを有するスタッドと、
前記スタッドの前記軸部と前記頭部とを結ぶ高さ方向に垂直な横方向の両側に、前記スタッドに接するように配置され、前記スタッドより硬度が低い付加部材と、
を備えたことを特徴とする、複合スタッド。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 京都大学「産学連携情報プラットフォーム(フィロ)」をご紹介します。
産学連携の新たな取り組みなど、有益な情報を発信しています。

https://philo.saci.kyoto-u.ac.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT