小型で超高感度の磁気インピーダンスセンサ、及びこれを用いた非破壊検査装置

開放特許情報番号
L2021000992
開放特許情報登録日
2021/7/30
最新更新日
2021/7/30

基本情報

出願番号 特願2019-104658
出願日 2019/6/4
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2020-197479
公開日 2020/12/10
発明の名称 小型で超高感度の磁気インピーダンスセンサ、及びこれを用いた非破壊検査装置
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 小型で高感度の磁気インピーダンス(MI)センサ、及びこれを用いた非破壊検査装置
目的 センサと試料との間に数μm程度の微小な間隔が必要とされる磁気顕微鏡のような用途に適した、簡単な構造で、低ノイズで、磁界分解能の高い磁気インピーダンスセンサを提供する。
効果 磁気センサの信号振幅を大きくでき、磁界分解能が良好となる。
渦電流周波数に応じた表皮深さでの非磁性且つ導電性の被測定対象物に存在する欠陥、その位置する深さと形状を求めることができる。
技術概要
零磁歪となる軟磁性合金のアモルファスからなる感磁ワイヤと、
この感磁ワイヤの周囲に絶縁物を介して巻回された検出コイルと、
この検出コイルに駆動用周波数帯域の交流電流又はパルス電流を供給する駆動用信号供給回路と、
この検出コイルに、直流電流を供給する直流バイアス回路と、
この検出コイルからの出力信号の振幅を増大させる共振回路であって、共振周波数が前記駆動用周波数帯域に含まれ、品質係数Qが5以上20以下の前記共振回路と、
を備える磁気インピーダンスセンサ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT