仕上げ面の接触剛性の評価方法およびその評価装置

開放特許情報番号
L2021000983
開放特許情報登録日
2021/7/29
最新更新日
2021/7/29

基本情報

出願番号 PCT/JP2019/039365
出願日 2019/10/4
出願人 国立大学法人京都大学
公開番号 WO2020/075650
公開日 2020/4/16
発明の名称 仕上げ面の接触剛性の評価方法およびその評価装置
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 仕上げ面の接触剛性の評価方法およびその評価装置
目的 表面粗さではなく真実接触面の分布に着目して接触剛性を向上させる実用的な方法および装置を得る。
効果 仕上げ面どうしを接触させたときの真の接触面を均等に分布させることができて、良好な接触剛性を達成することができる。
技術概要
一方の仕上げ面と他方の仕上げ面とを、一方の仕上げ面における筋状の凹凸と他方の仕上げ面における筋状の凹凸とが交差するようにして接触させ、
一方の仕上げ面と他方の仕上げ面との間に圧縮力を作用させ、
前記凹凸におけるすべてのカスプの変形量が等しいと仮定した場合における前記圧縮力が作用したときのカスプの変形量である基準変形量を設定し、
前記圧縮力が作用したときのカスプの基準変形量を、前記カスプを有する仕上げ面の表面の高低差によって規定されるうねりの振幅よりも大きくすることを特徴とする仕上げ面の接触剛性のコントロール方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 京都大学「産学連携情報プラットフォーム(フィロ)」をご紹介します。
産学連携の新たな取り組みなど、有益な情報を発信しています。

https://philo.saci.kyoto-u.ac.jp/

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【有】   
Copyright © 2021 INPIT