照明設備の照度制御システム

開放特許情報番号
L2021000934
開放特許情報登録日
2021/7/21
最新更新日
2021/7/21

基本情報

出願番号 特願2014-005785
出願日 2014/1/16
出願人 シオン電機株式会社
公開番号 特開2015-135726
公開日 2015/7/27
登録番号 特許第5807930号
特許権者 シオン電機株式会社
発明の名称 照明設備の照度制御システム
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 照度を制御する照明設備の照度制御システム
目的 電力効率のよい直流利用のトンネル用照明および、電源喪失の可能性が極めて低い照明用電源装置を構築でき、ノイズが少なく、トンネル内の場所に応じて適した明るさを確保でき、自然エネルギーを利用し、外の明るさに連動して遠隔でトンネル内の明るさを自動調整でき、問題が発生した場合には外部に知らせることができ、照明の点滅により警告表示を行うことを可能とすること。
効果 電力効率のよい直流利用のトンネル用照明装置および、複数のエネルギー源を利用でき、直流電力合成技術により、電源喪失の可能性が極めて低い照明用電源装置を構築でき、ノイズが少なく、また、トンネル内の場所に応じてそれに適した明るさを確保でき、さらに、自然エネルギーを利用し、外の明るさに連動して遠隔でトンネル内の明るさを自動調整でき、トンネル内の照明機器等に故障などの問題が発生した場合にはこれを外部に知らせることができ、また、照明の点滅により、事故などの警告表示を行うことを可能とするとの優れた効果を奏する。
技術概要
両端部に外部と連通する開口を有する構造物内に設置された、複数種類の電源装置から電力供給が受けられる複数照明装置からなる照明設備の照度制御システムであり、
照明装置は、構造物内の長手方向に向かって間隔をおいて設置され、
電源装置は、太陽光発電装置を含んで構成され、
構造物内に設置された照明装置は、構造物の開口に一番近い照明装置が電力変換装置、電力計、電圧計を介してループ配線Aに、構造物の中央の照明装置が電力変換装置、電力計、電圧計を介してループ配線Cに、構造物の開口に一番近い照明装置と構造物の中央の照明装置との中間での照明装置が電力変換装置、電力計、電圧計を介してループ配線Bに接続されると共に、各電力変換装置による電圧制御により各照明装置の照度制御が可能とされ、
照明装置の故障箇所推定は、各ループ配線の抵抗値と、ループ配線に接続された照明装置の数、照明装置の取り付け位置から任意の位置での照明装置の電力消費量が計算可能とされて、
いずれかの照明装置が故障したとき、電力消費量の計算値とループ配線に接続された電流計、電圧計の測定値とを比較することで行える、
ことを特徴とする照明設備の照度制御システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 シオン電機株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT