直流電源利用システム

開放特許情報番号
L2021000931
開放特許情報登録日
2021/7/21
最新更新日
2021/7/21

基本情報

出願番号 特願2010-092313
出願日 2010/4/13
出願人 村野 實
公開番号 特開2011-181055
公開日 2011/9/15
登録番号 特許第4994476号
特許権者 シオン電機株式会社
発明の名称 直流電源利用システム
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 太陽電池側からの直流電力を優先する直流電源利用システム
目的 太陽電池からの直流電力の供給を優先的に行え、しかも日射量に変化があった場合においても太陽電池からの発電電力を最大限使用できる直流電源利用システムを提供する。
また、線路電圧が配電条件規定を損なうことになる事象が生じない直流電源利用システムを提供する。
効果 太陽電池からの直流電力の供給を優先的に行え、しかも日射量に変化があった場合においても、変化した日射量において太陽電池からの発電電力を最大限使用できる。
また、日射量が頻繁に変化する場合には太陽電池を最適動作点で利用することが困難であるとの課題が解消できる。
技術概要
直流で出力する複数の直流電源と、交流の商用電源と、前記交流の商用電源を直流電源に変換する直流変換器と、前記複数の直流電源及び前記直流に変換された商用電源から出力合成された直流の電力供給を受ける直流負荷器と、
を備え、
前記複数の直流電源と直流負荷器との間及び前記直流変換器と直流負荷器との間には各々逆流防止のダイオードが取り付けられると共に、前記複数の直流電源と直流に変換された商用電源には各々電圧調整装置が設けられ、
前記電圧調整装置では、前記複数の直流電源及び直流に変換された商用電源につき各々出力電圧を異ならせる操作を行って、いずれの電源からの出力を優先して前記直流負荷器へ電力供給するかの選択決定が行え、
前記選択決定により出力電圧の高い電源の順から優先的に出力できると共に、前記逆流ダイオードを介して、各々の電力出力を合成させ、合成した電力を前記直流負荷器に供給できる、
ことを特徴とする直流電源利用システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 シオン電機株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT