障害対応システム、自動取引装置、障害対応方法、および、障害対応プログラム

開放特許情報番号
L2021000901
開放特許情報登録日
2021/7/19
最新更新日
2021/7/19

基本情報

出願番号 特願2012-124035
出願日 2012/5/31
出願人 富士通フロンテック株式会社
公開番号 特開2013-250704
公開日 2013/12/12
登録番号 特許第5827597号
特許権者 富士通フロンテック株式会社
発明の名称 障害対応システム、自動取引装置、障害対応方法、および、障害対応プログラム
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 自動取引装置において発生する障害に対応する障害対応システム、自動取引装置、障害対応方法、および、障害対応プログラム
目的 開示の障害対応システム、自動取引装置、障害対応方法、および、障害対応プログラムでは、障害に対する対応速度を向上する。
効果 開示の障害対応システム、自動取引装置、障害対応方法、および、障害対応プログラムによれば、障害に対する対応速度を向上することが可能となる。
技術概要
自動取引装置と制御装置とを含み、
前記自動取引装置は、
前記自動取引装置において発生した障害を識別する障害情報に基づいて、ホスト元帳更新状態と、媒体有無と、障害区分との組合せ毎に対応付けられた障害の重大度を決定し、
前記重大度に基づいて、障害対応にあたるオペレータに求められる障害対応能力のレベルを決定し、
前記レベルを前記制御装置へ送信し、
前記制御装置は、
複数の対応端末毎にログインしているオペレータの障害対応能力のレベルが対応付けられた端末情報を参照して、前記対応端末の中から、前記自動取引装置から受信した前記レベルのオペレータがログインしている対応端末を優先的に選択する、
ことを特徴とする障害対応システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT