回収装置、回収システム、及び回収方法

開放特許情報番号
L2021000721
開放特許情報登録日
2021/5/21
最新更新日
2021/6/4

基本情報

出願番号 特願2019-097119
出願日 2019/5/23
出願人 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
公開番号 特開2020-190022
公開日 2020/11/26
発明の名称 回収装置、回収システム、及び回収方法
技術分野 金属材料
機能 機械・部品の製造
適用製品 液体中に含まれる目的元素を回収する回収装置、回収システム、及び回収方法
目的 目的元素のイオンを含む液体にアルコール類を混合しない場合であっても、目的元素を回収する。
効果 目的元素のイオンを含む液体中にアルコール類を混合しない場合であっても、目的元素を回収可能な回収装置、回収システム、及び回収方法を提供することができる。
技術概要
周期表の8属から11属に含まれる遷移金属元素のうち少なくとも何れかを目的元素として、液体中に含まれる該目的元素のイオンを目的元素に還元し回収する回収装置であって、
内部に上記液体を収容する容器と、
上記液体中に、ヘテロポリ酸を供給するポリ酸供給部と、
上記ヘテロポリ酸の電荷移動吸収帯に含まれる波長を有するレーザ光を、上記液体及び上記ヘテロポリ酸に照射するレーザ装置と、を備えている、
ことを特徴とする回収装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 流れる廃液にパルスレーザー光を照射し希少金属を微粒子化して回収。短時間連続的処理可能、強力還元剤不要で卓上にて微粒子をろ過するのみ。特殊廃液でPdの回収率90%以上、選択性ほぼ100%の実施例有。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT