腫瘍疾患の予後の検査方法、及び、コンパニオン診断用組成物

開放特許情報番号
L2021000720
開放特許情報登録日
2021/5/21
最新更新日
2021/5/21

基本情報

出願番号 特願2019-110418
出願日 2019/6/13
出願人 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
公開番号 特開2020-201217
公開日 2020/12/17
発明の名称 腫瘍疾患の予後の検査方法、及び、コンパニオン診断用組成物
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、材料・素材の製造
適用製品 腫瘍疾患の予後の検査方法、及び、コンパニオン診断用組成物
目的 重粒子線照射後の腫瘍疾患について予後を検査する方法の提供。
効果 重粒子線照射後の腫瘍疾患について予後を検査する方法が提供される。
技術概要
重粒子線照射前における第1の腫瘍組織のPD−L1発現と、重粒子線照射後における第2の腫瘍組織のPD−L1発現とを比較する比較工程を含み、
前記第1の腫瘍組織と前記第2の腫瘍組織とは同一の生体に由来する同種の腫瘍組織であり、
前記第1の腫瘍組織のPD−L1発現よりも前記第2の腫瘍組織のPD−L1発現が高いことが、腫瘍疾患の予後が良好であることの指標である、
腫瘍疾患の予後の検査方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT