側鎖にエポキシ基を持つフェナザシリン系重合体

開放特許情報番号
L2021000709
開放特許情報登録日
2021/5/28
最新更新日
2021/5/28

基本情報

出願番号 特願2008-057135
出願日 2008/3/7
出願人 名古屋市
公開番号 特開2009-215334
公開日 2009/9/24
登録番号 特許第5343227号
特許権者 名古屋市
発明の名称 側鎖にエポキシ基を持つフェナザシリン系重合体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 5,10−ジヒドロ−5H−フェナザシリン化合物を主鎖に持つ新規なフェナザシリン系重合体
目的 ブリード現象や色移りがさらに起こり難く、蛍光強度が長期にわたって低下し難い蛍光性樹脂組成物及びその製造方法、並びにそれらに用いることが可能な蛍光性高分子化合物を提供する。
効果 新規なフェナザシリン系重合体により、ブリード現象や色移りがさらに起こり難く、蛍光強度が長期にわたって低下し難い蛍光性樹脂組成物が提供される。
技術概要
 
下記構造式(1)で示されるフェナザシリン系重合体。
【化1】

(式中、R↓1は無置換のアルキレン基を示し、R↓2,R↓3は、それぞれ独立に、無置換のアルキル基を示し、nは平均重合度である。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 名古屋市

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT