撥水性材料、それを用いた撥水膜形成方法、及び撥水性塗料組成物

開放特許情報番号
L2021000706
開放特許情報登録日
2021/5/28
最新更新日
2021/5/28

基本情報

出願番号 特願2007-219260
出願日 2007/8/27
出願人 名古屋市
公開番号 特開2009-051921
公開日 2009/3/12
登録番号 特許第5245065号
特許権者 名古屋市
発明の名称 撥水性材料、それを用いた撥水膜形成方法、及び撥水性塗料組成物
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 撥水性材料、それを用いた撥水膜形成方法、及び撥水性塗料組成物
目的 水との接触角が140°以上である撥水性材料を非常に簡単な方法で形成する。
効果 非常に簡単な方法で様々な基材表面に撥水膜を形成することができる。また、形成される撥水膜はある程度の柔軟性を持ち材料表面との接着がよいため、温度や経時による変化が少なく安定性に優れた撥水膜を提供できる。
技術概要
 
低分子ゲル化剤と、有機溶媒に溶解又は分散することが可能な高分子材料と、が混合されており、有機溶媒を添加して撥水性塗料を形成するための撥水性材料であって、
前記低分子ゲル化剤は、
分子量が1500以下であって炭素数4以上のパーフルオロアルキル鎖と炭素数8以上のアルキル鎖とを有する含フッ素アルキルエステル化合物、又は、分子量が1500以下であって炭素数8以上のアルキル鎖を有するテトラアルキルアンモニウム塩であり、
前記高分子材料はポリエステル樹脂、又はポリスチレン樹脂のみからなり、
前記低分子ゲル化剤と前記高分子材料の配合比は、該低分子ゲル化剤/(該低分子ゲル化剤+該高分子材料)の重量比が0.2〜0.95となる範囲である撥水性材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 名古屋市

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT