電極―有機半導体構造体およびそれを用いた有機半導体素子

開放特許情報番号
L2021000699
開放特許情報登録日
2021/5/19
最新更新日
2021/5/19

基本情報

出願番号 特願2019-056116
出願日 2019/3/25
出願人 国立大学法人長岡技術科学大学
公開番号 特開2020-161519
公開日 2020/10/1
発明の名称 電極―有機半導体構造体およびそれを用いた有機半導体素子
技術分野 電気・電子、情報・通信、機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 有機半導体における電極−有機半導体構造体
目的 低駆動電圧で電極から有機半導体に電荷注入する電極−有機半導体構造体を提供する。
電極−有機半導体構造体を有してなる有機半導体素子を提供する。
効果 電極からの電荷担体の注入を低電圧で生ずる電極−有機半導体構造体を提供することができ、低消費電力により作動する電子写真感光体等を提供できる。さらに、該電極−有機半導体構造体を有しながら電極を複数にしてなる有機半導体素子を形成することにより低電圧つまり低消費電力により作動する整流素子や有機電界発光素子、有機太陽電池、有機トランジスタ、バイオセンサ等の有機半導体素子を作製できる。
技術概要
第一電極と、炭素ナノ構造体を含有した有機半導体層を有し、
前記第一電極と前記有機半導体層を接触するよう設けてなり、
前記炭素ナノ構造体がC↓70よりも大きい分子サイズである
ことを特徴とする電極−有機半導体構造体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT