送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2021000691
開放特許情報登録日
2021/5/21
最新更新日
2021/5/21

基本情報

出願番号 特願2016-167406
出願日 2016/8/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2018-037751
公開日 2018/3/8
登録番号 特許第6799422号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 放送用素材の無線伝送装置をそれぞれ構成する送信装置及び受信装置
目的 処理時間とインターリーブバッファのバッファサイズを増大させることなく、短い時間から長い時間までインターリーブ長を設定可能とする時間インターリーブ処理を可能とするOFDM伝送方式の送信装置及び受信装置を提供する。
効果 処理時間とインターリーブバッファのバッファサイズを増大させることなく、短い時間から長い時間までインターリーブ長を設定可能とする時間インターリーブ処理が実現される。
技術概要
放送素材用のデジタルデータの無線伝送装置として構成されるOFDM方式の送信装置であって、
伝送するデータに対し最大の時間インターリーブ長を指定インターリーブ長として制限し、セル長の値に相当するシンボル数で、OFDM変調のキャリアを時間軸上で分散させるよう畳込みインターリーブ処理を行うリミット付き畳込み時間インターリーバを備え、
リミット付き畳込み時間インターリーバは、
OFDM変調のキャリアの本数をN、セル長をI、及び指定インターリーブ長をLとしたとき、キャリア毎に、
シンボルバッファを含むインターリーブバッファにより構成され、
指定インターリーブ長Lは、OFDM変調のシンボル数で設定するものとし、
セル長Iは、1以上の整数とし、指定インターリーブ長Lの長さに応じて、
設定するものとし、
リミット付き畳込み時間インターリーバは、指定インターリーブ長Lの長さに関わらず、周波数軸で隣接するキャリアを必ずセル長Iシンボルずつずらすように設定し、指定インターリーブ長L及びセル長Iの設定により制限した遅延で当該隣接するキャリアにおける時間軸を分散するようにしたことを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT