送信装置及び受信装置

開放特許情報番号
L2021000690
開放特許情報登録日
2021/5/21
最新更新日
2021/5/21

基本情報

出願番号 特願2016-167405
出願日 2016/8/29
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2018-037750
公開日 2018/3/8
登録番号 特許第6820168号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 送信装置及び受信装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 放送用素材の無線伝送装置をそれぞれ構成する送信装置及び受信装置
目的 使用自由度の高い符号化率の設定を可能とし、連続的に符号化率を変更可能とし、信号伝送中での符号化率の変更を可能とし、ハードウェア構成が簡素になるとともに、ハードウェアの利用効率を高めることを可能とする、デジタルデータの無線伝送装置として構成される送信装置及び受信装置を提供する。
効果 符号化率の変更について、復号時の性能に大きな影響を与える情報ビット系列を欠損させることなくパンクチャビット量を変更することによって実現されるため、使用自由度の高い符号化率の設定を可能とし、連続的に符号化率を変更可能である。
技術概要
デジタルデータの無線伝送装置として構成される送信装置であって、
伝送するデータに対し誤り訂正符号としてターボ符号による符号化処理を施し、情報ビット系列、第1パリティビット系列、及び第2パリティビット系列からなる誤り訂正ブロックを生成する誤り訂正符号化手段と、
誤り訂正ブロックについて、情報ビット系列を欠損させることなくパンクチャビット量を変更することにより符号化率を変更する符号化率変更処理手段と、を備え、
符号化率変更処理手段は、
誤り訂正ブロックについて所定ビット数毎の列で並ぶように第1の並び替えを行う手段と、
第1の並び替えの後に、所定のパンクチャパターンにより第2の並び替えを行う手段と、
第2の並び替えの後に、第1パリティビット系列、及び第2パリティビット系列の各ビットが交互に配置されるようにビットインタレースを実行する手段と、
ビットインタレースを実行した後に、情報ビット系列について列数を1/2倍、且つ行数を2倍とし、第1パリティビット系列、及び第2パリティビット系列を1つのパリティビット系列となるよう行毎に合成する第3の並び替えを行う手段と、
を備えることを特徴とする送信装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT