符号化装置及びプログラム

開放特許情報番号
L2021000646
開放特許情報登録日
2021/5/12
最新更新日
2021/5/12

基本情報

出願番号 特願2016-110575
出願日 2016/6/2
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-216650
公開日 2017/12/7
登録番号 特許第6757599号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 符号化装置及びプログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 符号化装置及びプログラム
目的 ハイブリッド符号化方式において、ビットレートが低下した場合の動画像の劣化を抑制することができる符号化装置及びプログラムを提供する。
効果 ハイブリッド符号化方式において、ビットレートが低下した場合の動画像の劣化を抑制することができる符号化装置及びプログラムを提供することができる。
技術概要
入力された動画像のブロック毎に動き補償予測を行うことによって得られた予測残差及びブロック毎の動きベクトルを符号化するハイブリッド符号化方式が適用される符号化装置であって、
符号化制御部と、
動きベクトル制御部と、
動き補償予測部とを具備しており、
動きベクトル制御部は、整列強度に応じて、整列動きベクトル値の成分値が同じ値を取る隣接するブロックの数を決定するように構成されており、
動きベクトル制御部は、
複数のブロックの動きベクトルに対して直交変換処理を施すことによって変換係数を算出するように構成されている直交変換部と、
変換係数のうち、整列強度に応じて所定数の変換係数を選択するように構成されている基底選択部と、
基底選択部によって選択された所定数の変換係数に対して逆直交変換処理を施すことによって整列動きベクトル値を算出するように構成されている逆変換部とを具備することを特徴とする符号化装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT