立体像表示装置

開放特許情報番号
L2021000578
開放特許情報登録日
2021/4/28
最新更新日
2021/4/28

基本情報

出願番号 特願2016-004174
出願日 2016/1/13
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2017-125906
公開日 2017/7/20
登録番号 特許第6832064号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 立体像表示装置
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 立体像表示装置
目的 立体像の解像度や品質の劣化を抑えた立体像表示装置を提供する。
効果 光線幅抑制部材が光線の広がりを抑制するので、IP方式では像点が小さくなり、多眼方式では光の指向性が向上し、立体像の解像度や品質の劣化が抑えられる。
技術概要
複数の光学素子が2次元状に配列された光学素子アレイと、前記光学素子に対応する画像を表示する表示素子とを備えるインテグラルフォトグラフィ方式又は多眼方式の立体像表示装置であって、
前記表示素子は、所定の大きさを有する画素で構成され、
前記表示素子の画素から前記光学素子に到る光線の光路上に配置され、所定の大きさを有する前記画素からの光線の広がりを抑制する光線幅抑制部材を前記画素毎に備え、
前記光線幅抑制部材は、前記画素に隣接配置され、前記画素からの光の一部を遮光する遮光マスクであり、
前記遮光マスクの開口部は、前記光学素子の回折限界まで小さくしたことを特徴とする立体像表示装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT