試験物質の抗老化機能の評価方法

開放特許情報番号
L2021000512
開放特許情報登録日
2021/4/19
最新更新日
2021/4/19

基本情報

出願番号 特願2019-116185
出願日 2019/6/24
出願人 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2021-001827
公開日 2021/1/7
発明の名称 試験物質の抗老化機能の評価方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 試験物質の抗老化機能の評価方法
目的 従来の動物試験よりも短い期間で試験物質の抗老化機能を評価可能な、抗老化機能の評価方法を提供する。
効果 従来の動物試験よりも短い期間で試験物質の抗老化機能を評価可能な、抗老化機能の評価方法が提供される。
技術概要
(a)特異的抗原に曝露されない環境で飼育されるマウスであって、そのT細胞のほとんどが前記特異的抗原に応答性を有するT細胞受容体を発現する雌マウス(試験雌マウス)に対して、試験物質を投与する工程と、
(b)前記試験物質を投与した前記試験雌マウスの糞便を回収し、前記試験雌マウスの前記糞便中のIgA量を測定する工程と、
(c)前記工程(b)で測定された前記試験雌マウスの前記糞便中のIgA量に基づいて、前記試験物質の抗老化機能を評価する工程と、
を含む、試験物質の抗老化機能の評価方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT