データ転送システム及びデータ転送方法

開放特許情報番号
L2021000452
開放特許情報登録日
2021/4/12
最新更新日
2021/4/12

基本情報

出願番号 特願2019-542067
出願日 2018/9/11
出願人 学校法人東京電機大学
公開番号 WO2019/054372
公開日 2019/3/21
発明の名称 データ転送システム及びデータ転送方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 サーバと移動端末間でデータを転送する技術
目的 データの一次処理を行うエッジとサーバとの間でデータの転送を行うデータ転送システムにおいて、LPWAネットワークには適さないデータ量のデータの転送を、エッジの通信コストや消費電力をかけずに行うこと。
効果 データの一次処理を行うエッジとサーバとの間でデータの転送を行うデータ転送システムにおいて、LPWAネットワークには適さないデータ量のデータの転送を、エッジの通信コストや消費電力をかけずに行うことができる。
技術概要
無線LANの基地局機能を有するエッジ装置がサーバ装置へデータのアップロードを行うデータ転送システムであって、
エッジ装置は、移動端末がエッジ装置の無線LANの通信圏内に入ったときに、アップロードの対象となる転送データを移動端末に送信して当該移動端末に記憶させ、
サーバ装置は、移動端末がエッジ装置の無線LANの通信圏外に位置する予め定められたデータ転送条件で通信可能な通信圏内に入ったときに、移動端末から前記転送データを受信する、
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京電機大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT