肝臓がん発症リスクの判定方法、肝臓がん発症リスクの判定キット、及び医薬組成物

開放特許情報番号
L2021000397
開放特許情報登録日
2021/4/5
最新更新日
2021/4/5

基本情報

出願番号 特願2019-025901
出願日 2019/2/15
出願人 国立大学法人金沢大学
公開番号 特開2020-130013
公開日 2020/8/31
発明の名称 肝臓がん発症リスクの判定方法、肝臓がん発症リスクの判定キット、及び医薬組成物
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 肝臓がん発症リスクの判定方法、肝臓がん発症リスクの判定キット、及び医薬組成物
目的 肝炎ウイルスとは無関係に、肝臓がん発症リスクを検査可能な、肝がん発症リスクの判定方法、及び肝がん発症リスクの判定キットを提供する。また、肝癌発症リスクの判定方法により肝がん発症リスクが高いと判定された対象に投与される、肝がん発症リスクを低減するための医薬組成物を提供する。
効果 肝炎ウイルスとは無関係に、肝臓がん発症リスクを判定可能な、肝がん発症リスクの判定方法、及び肝がん発症リスクの判定キットが提供される。また、肝癌発症リスクの判定方法により肝がん発症リスクが高いと判定された対象に投与される、肝がん発症リスクを低減するための医薬組成物が提供される。
技術概要
対象の糞便試料において、gelE遺伝子又はその遺伝子産物の含有量を測定する工程を含む、肝臓がん発症リスクの判定方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT