緩衝シート、緩衝シートの製造方法及び製造装置

開放特許情報番号
L2021000358
開放特許情報登録日
2021/3/24
最新更新日
2021/3/24

基本情報

出願番号 特願2013-013019
出願日 2013/1/28
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2014-144784
公開日 2014/8/14
登録番号 特許第6127340号
特許権者 国立大学法人山梨大学
発明の名称 緩衝シート、緩衝シートの製造方法及び製造装置
技術分野 輸送、機械・加工
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 不織布等の繊維性素材を用いた緩衝シート、緩衝シートの製造方法及び製造装置
目的 梱包対象物にかかる衝撃を方向性に偏りなく吸収して保持することができると共に、安価で形成が容易な緩衝シート、緩衝シートの製造方法及び製造装置を提供する。
効果 上側のシート部材に形成される複数の隆起部の膨らみ形状が均一となり、特定の方向性を有さないので、梱包対象物の表面形状に沿って包み込むことができると共に、特定の部位に荷重が集中しないように負荷を分散して緩衝することができる。
技術概要
複数のシート部材を重ね合わせて構成される緩衝シートにおいて、
上層側に位置するシート部材の表面には、該シート部材に設けられる隆起領域を収縮させることによって隆起させた山形形状の隆起部が複数形成され、各隆起部の下端が下層側のシート部材に接合されていることを特徴とする緩衝シート。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT