シリカコーティングされた高分散性金ナノロッドの合成方法及び合成された金ナノロッドの分散液

開放特許情報番号
L2021000317
開放特許情報登録日
2021/3/18
最新更新日
2021/3/18

基本情報

出願番号 特願2017-022728
出願日 2017/2/10
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2018-127699
公開日 2018/8/16
発明の名称 シリカコーティングされた高分散性金ナノロッドの合成方法及び合成された金ナノロッドの分散液
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 金属ナノ微粒子の一種である金ナノロッド
目的 元来の金ナノロッドの特性を損なわずシリカコートを施した高分散性金ナノロッドの安定的な合成方法。
効果 シリカコートされた金ナノロッドの安定的な合成を可能とすることができる。また、高分散性と安定的取扱いが確保された水以外の媒体を用いた分散液を提供することが可能となる。
技術概要
シリカコーティングされた高分散性金ナノロッドの合成方法であって、シリカコーティング時のメタノール濃度を25±5%として金ナノロッドにシリカをコーティングする金ナノロッドの合成方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT