チーズ及びその製造方法、原料乳の製造方法、並びに食品汚染微生物の発育阻止方法

開放特許情報番号
L2021000315
開放特許情報登録日
2021/3/18
最新更新日
2021/3/18

基本情報

出願番号 特願2017-031462
出願日 2017/2/22
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2018-134042
公開日 2018/8/30
発明の名称 チーズ及びその製造方法、原料乳の製造方法、並びに食品汚染微生物の発育阻止方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造
適用製品 チーズ及びその製造方法、原料乳の製造方法、並びに食品汚染微生物の発育阻止方法
目的 合成食品保存料などの添加物を使用しなくても食品汚染微生物に対して抗菌性を示し、安全性に優れ、長期間の保存が可能なチーズ及びその製造方法、前記チーズの製造に好適な原料乳の製造方法、並びに食品汚染微生物の発育阻止方法を提供する。
効果 合成食品保存料などの添加物を使用しなくても食品汚染微生物に対して抗菌性を示し、安全性に優れ、長期間の保存が可能なチーズ及びその製造方法、前記チーズの製造に好適な原料乳の製造方法、並びに食品汚染微生物の発育阻止方法を提供することができる。
技術概要
918mg/kg以上のブタン酸、908mg/kg以上のヘキサン酸、626mg/kg以上のオクタン酸、1,795mg/kg以上のデカン酸、及び443mg/kg以上の9−デセン酸の少なくとも1つを含むことを特徴とするチーズ。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT