試料ブロック支持部材、耳石切片作製方法

開放特許情報番号
L2021000307
開放特許情報登録日
2021/3/18
最新更新日
2021/3/18

基本情報

出願番号 特願2017-195390
出願日 2017/10/5
出願人 国立大学法人東京海洋大学
公開番号 特開2019-070531
公開日 2019/5/9
発明の名称 試料ブロック支持部材、耳石切片作製方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造
適用製品 試料ブロック支持部材、耳石切片作製方法
目的 横断面核入り切片や縦断面核入り切片を容易に効率良く作製できる試料ブロック支持部材、耳石切片作製方法を提供する。
効果 横断面核入り切片及び縦断面核入り切片を容易に効率良く作製することに有効に寄与する。
技術概要
耳石を樹脂中に包埋した試料ブロックの支持に使用される試料ブロック支持部材であって、
前記試料ブロックに当接される底面を有する板状本体と、前記板状本体の前記底面から突出され、前記板状本体の前記底面が当接される前記試料ブロックの支持部材当接面から窪む嵌合凹部に挿脱可能に嵌め込まれる3以上の嵌合突部とを有する試料ブロック支持部材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京海洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT