スケール対策が施された熱交換装置

開放特許情報番号
L2021000304
開放特許情報登録日
2021/3/18
最新更新日
2021/3/18

基本情報

出願番号 特願2018-089885
出願日 2018/5/8
出願人 国立大学法人東京海洋大学
公開番号 特開2019-196854
公開日 2019/11/14
発明の名称 スケール対策が施された熱交換装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 スケール対策が施された熱交換装置
目的 地熱水を利用して発電するバイナリー発電において、発電装置の配管や蒸発器の内面にスケールを析出・付着させないようにする。
効果 熱源水と熱交換した熱媒体をバイナリー発電装置の配管や蒸発器等の二次熱交換部に送って発電しており、熱源水を直接、二次熱交換部に送らないので、熱源水からスケールが析出してバイナリー発電装置の配管や蒸発器等の二次熱交換部の内側に付着することがなくなり、析出・付着したスケールを清掃・除去しなくて済み、従って、スケールの清掃・除去に係る費用を削減できる。
技術概要
熱源水と熱媒体とを接触させて該熱源水の熱を該熱媒体に伝導させる一次熱交換部と、該一次熱交換部の底部又は上部に溜まっている該熱媒体を二次熱交換部の一次側に送給する熱媒体送給部と、該二次熱交換部の一次側を通過した該熱媒体を該一次熱交換部に戻す熱媒体戻し部と、該一次熱交換部内に生成したスケールを除去するスケール分離除去部とを備え、該熱媒体は該熱源水と比重の異なる疎水性液体からなり、該熱媒体送給部は、該一次熱交換部の底部に溜まっている該熱媒体を該二次熱交換部の一次側の入口に導く熱媒体供給配管と、該熱媒体供給配管内の該熱媒体を該二次熱交換部の一次側に送るポンプとからなり、該熱媒体戻し部は、該二次熱交換部の一次側の出口から排出された該熱媒体を送給する熱媒体戻り配管と、該熱媒体戻り配管によって送給された該熱媒体を該一次熱交換部内に投入する熱媒体投入部とからなることを特徴とするスケール対策が施された熱交換装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京海洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT