培養方法、培養装置、廃水処理方法及び廃水処理装置

開放特許情報番号
L2021000291
開放特許情報登録日
2021/3/15
最新更新日
2021/3/15

基本情報

出願番号 特願2019-021821
出願日 2019/2/8
出願人 学校法人 東洋大学
公開番号 特開2020-127383
公開日 2020/8/27
発明の名称 培養方法、培養装置、廃水処理方法及び廃水処理装置
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 培養方法、培養装置、廃水処理方法及び廃水処理装置
目的 培地又は排水中に含まれる金属元素を制限することで、生物活性を向上させることができる培養方法、培養装置、廃水処理方法及び廃水処理装置を提供する。
効果 培地中に含まれる金属元素のうち、Mn、Mo及びCoの少なくとも1つの濃度を0.001mg/L以下と低濃度にすることで、細胞数を向上させることができる。また、Mn、Mo及びCoを含まない金属元素が添加された排水とすることで、廃水処理における生物活性を向上させることができる。
技術概要
培地を用いて細胞を培養する細胞の培養方法であって、
前記培地中に含まれる金属元素のうち、Mn、Mo及びCoの少なくとも1つの濃度が0.001mg/L以下である培養方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 学校法人東洋大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT