採放熱管およびそれを用いた地中熱ヒートポンプ

開放特許情報番号
L2021000277
開放特許情報登録日
2021/3/12
最新更新日
2021/3/12

基本情報

出願番号 特願2018-013384
出願日 2018/1/30
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2019-132470
公開日 2019/8/8
発明の名称 採放熱管およびそれを用いた地中熱ヒートポンプ
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 直接膨張方式地中熱ヒートポンプに用いられる採放熱管及びそれを用いた地中熱ヒートポンプ
目的 冷媒の相変化を生じせしめている直接膨張方式の地中熱ヒートポンプの採放熱管において、より採放熱効果を上げる。
効果 直接膨張方式の地中熱ヒートポンプの採放熱管の効率を上げることが可能となる。
技術概要
地中内に埋設するケーシング管内に納められる直接膨張方式地中熱ヒートポンプ用の採放熱管であって、
前記採放熱管は、本管と前記本管の一部を覆う断熱材とを具備し、
前記本管は、
冷媒が流入あるいは流出する第1、第2の流出入口と、
前記第1の流出入口から端部までの第1の管と、
前記第2の流出入口から前記端部までの第2の管とを備え、
前記第1の管と前記第2の管は前記端部において互いに連通するように接続され、
前記第1、第2の流出入口は前記ケーシング管の地表面側に備えられ、
前記端部は、前記ケーシング管が埋設された場合に前記採放熱管において最深に位置し、
前記第1の管は前記断熱材に覆われており、少なくとも前記端部まで前記断熱材が前記第1の管を覆う採放熱管。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT