高周波用超伝導積層体

開放特許情報番号
L2021000268
開放特許情報登録日
2021/3/12
最新更新日
2021/3/12

基本情報

出願番号 特願2019-002966
出願日 2019/1/10
出願人 国立大学法人山梨大学
公開番号 特開2020-113631
公開日 2020/7/27
発明の名称 高周波用超伝導積層体
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 誘電体支持体に挟まれた渦巻状超伝導体コイルを備える高周波用超伝導積層体
目的 超伝導体をコイルに用いることで飛躍的に高いQ値を実現でき、各種装置の性能改善。
効果 無線電力伝送用送受電コイルに用いることで伝送効率を飛躍的に改善できる。
技術概要
少なくとも1つの渦巻状超伝導体コイルと、
少なくとも2つの誘電体支持体と、を備え、
前記渦巻状超伝導体は、前記誘電体支持体に挟まれており、
前記誘電体支持体の誘電体損失は、7.0×10↑(−5)以下である、
高周波用超伝導積層体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT