バルブ用耐圧検査装置

開放特許情報番号
L2021000259
開放特許情報登録日
2021/3/9
最新更新日
2021/3/12

基本情報

出願番号 特願2019-096734
出願日 2017/6/30
出願人 株式会社キッツ
公開番号 特開2019-158893
公開日 2019/9/19
登録番号 特許第6812496号
特許権者 株式会社キッツ
発明の名称 バルブ用耐圧検査装置
技術分野 機械・加工、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 バルブ用耐圧検査装置
目的 大きさや形状の異なるバルブに対しても、簡易な構成で検査結果の誤差を防ぎつつ迅速かつ高精度に耐圧検査を実施して外部漏れの検出並びにその発生位置を特定でき、バルブに後処理を施す必要がなく、自動化により大量処理も可能なバルブ用耐圧検査装置を提供することにある。
効果 漏れ出した気体の検出能力を向上でき、供試弁から漏れ出たサーチガスが拡散されながら、検査時間内でセンサに到達するように構成したことで、供試弁の部品同士の接合部外面や装着部外面から漏れ出たサーチガスを検査時間内で確実に検出でき、バルブの耐圧検査を短時間に、かつ大量の供試弁における耐圧検査を確実に行うことが可能となる。しかも、漏れ出た接合部位等を即座に確認することができ、バルブの耐圧検査装置としてその使用価値が極めて高い。
技術概要
供試弁を外気と一部を連通させて非密封状態で収容した筒状のカバーと、供試弁における部品同士の接合部外面又は装着部外面の外部漏れ位置に近接した状態でカバーの内部に配置されたサーチガス用のセンサとを備え、カバー内におけるサーチガスの流れを許容し、かつ供試弁の接合部外面又は装着部
外面から漏れ出たサーチガスが検査時間内に拡散状態でセンサに到達するように構成したバルブ用耐圧検査装置である。
イメージ図
実施実績 【有】  自社実施。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
対価条件(一時金) 【要】要相談。
対価条件(ランニング) 【要】要相談。

アピール情報

出展実績 諏訪圏工業メッセ(2018年10月)、機械要素技術展(2019年2月)、管工機材設備総合展(2019年9月)

登録者情報

登録者名称 株式会社キッツ

技術供与

掲載された学会誌 【有】
掲載学会誌名1 バルブ技報第35巻・第1号(通巻第84号)
技術指導 【可】
期間 要相談。
技術指導料 【要】 
コンサルティング 【可】
期間 要相談。
コンサルティング料 【要】 

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 6529892
登録番号2 6533341
登録番号3 6638117
登録番号4 6608418
関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT