牛、豚、鶏検出用プライマー

開放特許情報番号
L2021000220
開放特許情報登録日
2021/3/5
最新更新日
2021/3/5

基本情報

出願番号 特願2002-029471
出願日 2002/2/6
出願人 日清食品ホールディングス株式会社
公開番号 特開2003-230383
公開日 2003/8/19
登録番号 特許第3805692号
特許権者 日清食品ホールディングス株式会社
発明の名称 牛、豚、鶏検出用プライマー
技術分野 食品・バイオ
機能 検査・検出
適用製品 原料肉種検出用のPCR用プライマー
目的 正確かつ高感度に牛由来原料の存在を判断できるPCR用のプライマーの設計。さらに他の主要な食肉である豚、鶏に対しても正確かつ高感度に存在を判断できるPCR用のプライマーの設計。
効果 被験食品や飼料中に牛、豚、鶏由来原料が使用されているかどうかを高感度に、かつ迅速に検査することができる。
技術概要
配列表の配列番号1の塩基配列を3´末端側に含む最大40塩基のDNAからなる原料肉種検出用プライマー。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2021 INPIT